kosame.org

国内外の漫画を読んでレビューを書くウェブログ

土星マンション 第1巻

岩岡ヒサエ『土星マンション』第1巻
  • 著者: 岩岡ヒサエ
  • 出版社: 小学館
  • 発行日: 2006年12月1日
  • ISBN: 4091883397
  • 192ページ
  • B6判
  • \650
  • Amazon.co.jp

レビュー

地球全体が自然保護区域となり、全人類は高度35000メートルの成層圏に浮かぶリングシステムと呼ばれる建造物に移住しているという近未来SF的な世界。ここではリングシステムの外側の窓を拭く仕事に需要があって、主人公の少年ミツは父親の跡をついでその仕事に従事するようになる。土星マンションはミツが職場の同僚やさまざまな顧客と触れ合うことによって亡き父親への葛藤をほぐしつつ、仕事に取り組むことの意義を探っていくという一少年の成長を描いた漫画。作品世界の独特の設定が生み出す広がりのある空間表現と素朴で可愛いキャラクターデザインによって、成長期の少年の父親に対する複雑な思いが、還ることのできない地球へのノスタルジーを交えてうまく描かれている。

SFとはいってもとてもゆるい設定で、リングシステムやその外側の窓を拭く清掃業者の存在などはあくまでストーリー上の方便として使われている。土星の輪のように地球の周りを囲んでひとつながりになっているこの途方もなく巨大なドーナツをそもそもどうやって造り上げたのか、そこに全人類が収まるにはどう見たって小さすぎやしないか、そんなものが常に周りにあったら太陽光の照射を遮ってかえって地球の生態系に悪影響を及ぼすんじゃないか、ロープで繋がれてるとはいえ成層圏で屋外に出て窓を拭くなんて危険極まりない仕事をいったいどこの命知らずがやりたがるのかなどといった疑問はとりあえず置いておき、それはそういうものなんだと受け入れて読まなければならない。リングシステムの浮かぶ高度35000メートルは遠すぎず近すぎずといった距離で、地球の表面を覆う大地や海や湾曲した地平線が肉眼で見えるということがこの漫画にとって視覚的に重要な点だ。これがもし人類がほかの星に移住したという設定だったら、例えば火星からの眺めだったとしたらこうはいかない。逆に近すぎたらいつか還りたいというほどの距離感ではないということになってしまう。ミツの携わる仕事の内容はゴンドラを吊るして手作業で行う現実の高層ビルの窓拭きをただ成層圏に場所を移しただけも同然の極めて原始的なもの。かなり理不尽なことをやっているように思えるけれども、この無茶な設定のおかげでまだ中学を出たばかりの子供がいきなり命がけで責任のある仕事に従事するという、現実世界ではそうそう機会のない急な成長を、同じ仕事で命を落とした父親への子供らしい屈折した感情を克服する過程と重ね合わせて描くことが可能になっている。

この巻はほぼ一話完結形式の八つの話から成り立っていてそれぞれ個性的な同僚や顧客が絡んでいろいろなエピソードを提供しているけれども、父親の死にまつわる最初のエピソードが主人公にとって最も重要に違いなく、いきなりこの巻のハイライトになっている。 かつて父親が事故に遭った現場で自らも仕事に携わることによってミツは父親に対する誤解を解き、思いを新たにする。その際のミツの決意の程は観念的なメタファーでもって語られていて、なおかつリングシステムの表面から遥か彼方の地球を見下ろす視点の背景が成層圏の高さからすーっと地表へ向かって降りていくような鮮烈なイメージも喚起して詩的で美しいところだ。ミツのセリフに含まれているまるで死んだ人間の魂が地球へ還るかのような考え方はほかの登場人物にも見られるもので、決して真剣な死生観として広く信じられているものではないだろうけれども、いつかは還りたい故郷へのノスタルジーというものをこの漫画独特の形で象徴するものになっている。

これはそれなりにスケールの大きな設定を持っている割に話が展開するのは主人公の住む街の近所だけで、ほとんど町内会漫画といってもいいくらいだ。実際にいま地球はどうなっているのかとか、ほかの国はどんな感じなのかとか、そういった話の広がりはこの巻の内容からは期待すべくもない。それから、ミツに窓拭きを依頼してくる人たちはこの世界の独特の設定を反映していて、また確かに個性的なんだけれどもあまりおもしろくない。作品世界の設定の作者による恣意的な部分をそのまま背負った不幸な境遇の持ち主や、無理難題を持ちかけるわがままな連中など、若い主人公にとってはいい社会勉強になったに違いないが、この世界に確かに生きて葛藤しているというリアリティを感じさせない。そこら辺がつまらないところだ。

キャラクターは肩幅の割に頭の大きいこけしのようなデザインで足は短め。可愛いけれども決して幼稚にはならず、年配の人物の険しい表情も的確に描けている。

まあまあおもしろい漫画。

Rating
6/10